ホームページ

  

OEMと化粧品

手前にキーボード

化粧品の製造では最近はOEMが増えているのです。OEMとは、他社ブランドを製造する企業のこと、工場を指すのです。 生産設備さえあれば、出来ることではありますが、やはりお互いに信用が重要になるのです。 例えば、化粧品なんかでもそうした方法でやっているところが多くなっているのです。OEMに依頼して、製品を受け取り、それを自社ブランドとして出すわけです。 こうすることによって、コストダウンがほぼ確実にできます。それに丸投げするのではなく、しっかりと監視はしますし、衛生、品質的な問題はクリアすることを最低条件とするものですから、心配は無用です。化粧品の製造も最近では自社ですべてをしないようになっています。もちろん、すべての化粧品の製造を完全に自社工場でやっているところもあります。

化粧品の製造をして、販売している個人は意外といます。都道府県などに届出は必要なりますが、基本的には国家資格などが必須ではないのです。 輸入して販売する、医薬部外品などになりますと細かく面倒な手続きがありますが、あくまで個人で作り、そして販売するものであれば、ハードルは低いのです。 何故、個人で化粧品製造をするのか、といいますと意外とできるからです。つまりは、販売、事業としてはハードルが低いのです。健康食品なんかも実はそんなに難しいことではないのです。化粧品というのは、身近なもので製造できることがあります。後は評判と効果です。今はインターネットで販売できますから、化粧品製造をして売るのは簡単なのです。